忍者ブログ
〓 Admin 〓
ものごとの成り行きについて、誕生日を使わなくても、いつ、どこで何が起こるか、具体的に当てていく方法を実践しています。 殺人事件発生時のホロスコープから被害者の状況や犯人を推定する方法が明らかになりつつあります。
TOP 占断依頼
[629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623]  [622]  [621]  [620]  [619
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面白い、なんていったら被災地の人には申し訳ないが、とても面白い事が起こっている。

霊現象とか、占星術とかでは、毎度のことなのだが、科学的なことでは珍しい。

いわゆる科学的な人が、原発事故の被害を信じないのである。
私が見たところ、オカルトに批判的な人は原発事故の放射線被害も認めない傾向にあるようだ。あるいは事故の程度を過小評価する。

占星術ではよくあることだ。
殺人事件が起こりました。ホロスコープを立てます。犯人はこういう関係の人でしょう。そしてそういう人が逮捕される。目の前に事実はある。それでも科学的な人は統計的に不十分である、偶然である、デタラメであるという。
だが、それはたかが占星術だ。
私は占星術を擁護する立場にいるのだろうが、しかしその批判には慣れている。
人々もそんなことに目くじらを立てたりしない。
「あ、彼。占いにはまってるのよ」
「あの人はそういうの信じない人だから」
でおしまいに出来る。

しかし、全く同じ事が放射性物質の被害について起きている。
東日本の方で、食材や子供さんの遊ぶところとか、情報収集をして気をつけて生活していると白い目で見られるというのである。だんなさんがそんなに気にする必要はないというのだという。主婦のお友達に「うちは風邪気味です」と断ってマスクをしないといけない。

やってるほうは自分の子供の命に関わる注意をしているのだ。なのに周囲からは白い目で見られるのである。

だが、すぐにはその違いが表面化しないというのも事実だ。
東京の一部の土地は、空間線量だけで年間1ミリシーベルトの被曝をする場所があるらしい。ガイガーカウンターを持って計ればはっきりわかるのだから四の五のいうことはない。
次に1ミリシーベルト被曝して、あるいはもっと被曝して、健康被害が出るかどうかも、偉い学者や医者が「出ない」と言っているので、声高に主張できない。たとえ裁判所が過去に20ミリシーベルトの被曝でガンで亡くなった人に対して労災認定していようが、そんなことはお構いなしだ。学者の言い分は、100ミリシーベルトまでは大丈夫なのである。

心理的な現象として自分自身や他人に嘘をつくということは別に珍しい事ではない。よくあることだ。小さな嘘の上にできあがる行動・思考パターンはコンプレックスとして知られている。
また、目に見えない不確かなもの、お化けとか占いとかそういうものに対する態度の違いも、別に珍しい事ではない。

ちょうどそれが命に関わる形で人々を直撃している。

親がテレビしか見てなければ、当然親子で意見が食い違うだろう。とても仲のよい友人と意見が食い違えば、「今日のラッキーアイテム」なら笑って済ませられるが「静岡産のお茶」ということになると、険悪な状況になりえるだろう。
学者も一応はまじめに研究しているのだ。まじめに研究した結果、10人死のうが100人死のうが安全と言っている。事実は理論を覆す事はできない。

だが、まだたいしたことはことはない。健康被害がでていないのなら。
出れば出たでこうした傾向は増幅されるだろう。


        ↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへくる天 人気ブログランキング

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
情報
猫月
こんにちは。

真面目に対策すると友達なくす、という現象ですかね。

データが取れても、広範囲すぎて改善策がないから、ともかく心理的なパニックを起こさせないように作戦にも見えるのです。
旧ソ連もそうしたそうですから…。

今できるのは気がついた人だけ対策する。
特に小さい子供を持つ人は気をつけるべきだと思います。

水蒸気爆発してすぐの公営放送は、距離に区切りをつけていましたがわりに丁寧に対策を教えてくれました。

あの時のこと今でも参考になっています。

先日放映された放射能マップというドキュメントも誠意を感じる作りでした。

あふれる情報で選び取る力も個人に求められるのでしょうね。
2011/05/29(Sun)18:23:52 編集
Re:情報
猫月さん、こんばんわ。

関西では直ちに対策をする、というところまではきていない。だから最初は意見の違い、ということで考えていました。それでも親しい人と意見が食い違うという事はとてもつらいことです。両方放射線の害について、何の意見も持っていなければよい。たとえ発病してもお互いに同情しあい助け合う事ができる。だが、一方は発病しないと思っている。一方は危険であると思っている。

しかし、東北関東にお住まいの方にとっては本当に深刻な問題だと思います。
いわば、原発離婚とでも言うべき現象が起こっている。
お互いに話し合いをして、十分注意をして、あるいはそういうお互いを尊敬しながら、対策をして、今いるところですみ続けるという選択もある。あるいは理解をしてくれて奥さんが子供をつれて避難するとか、一緒に新しい生活を模索するという方もいる。
しかし、どうしても家族の溝が埋まらないという方もいる。子供も千差万別で、おとなしい言うことを聞く子もいるし、じっとしていられない子もいる。奥さんが汚染のひどい地域から子供をつれて逃げてしまって、お互いが理解し合えないとか、そういうことが起こりつつあるように思います。
そのあたりのソ連の対応は私も存じませんでした。
各地の本当の放射線量について
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/5688
がよい記事を提供しています。
3T  【2011/05/29 21:28】
やはり
りんね URL
非被災地の人って被災地のことは何も
理解されてないんだなと猫月さんを見てつくづく
思いました。真面目に対策している人だって
うまくやっている人はやっている。恣意的で
福島や被災地を差別している。

twitterの放射能騒ぎのおかげで、コンピュー
ター対策法も問題なく通りそう。所得税をひきあ
げたそばから、消費税もあげる気満々
しかし、誰も気づかない。バカバカしい、
それなら白血病になって死んだほうがマシです。
そうなると反原発にとって都合がいいから。

そんな原発のせいで、北海道のJRの事故の
扱いが小さいです。列車が燃えた後は原発を
想像させるものですが、結局誰も死ななかった。
客の英断で車掌のいうことを聞かず、外へ
逃げ出したからだそうです。占星術からいうと、
この事件は原発の事故になかった何があったから
客は全員助かったのでしょうか
2011/05/31(Tue)02:33:57 編集
Re:やはり
りんねさん、こんにちわ。

こういうことが起こる。被災地の人の間でも起こる。まさにそういうことですね。あんまり自暴自棄にならないようにされたほうがいいとは思います。同じ境遇を分かち合う事はできないですが。
しかし、りんねさんはすでにご存知の事と思うけれども、別に地震や原発事故が起こらなくても、法律や国から見捨てられた人が存在します。今回の災害は極端な形で社会のひずみを表にさらけ出した。

列車事故ね。あまり注目していなかった。載せられたら載せます。
3T  【2011/05/31 10:39】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
誕生日がなくても近未来の事象を占っています。 彼とうまく行くか。復縁できるか。 落とした財布は見つかるか、どこにあるか。いつ見つかるか。 息子は試験に受かるか。
フリーエリア
花粉症に関するアンケートします。
ランキング参加してます。
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

最新CM
[09/21 ミルラ]
[09/21 ミルラ]
[09/20 ミルラ]
[09/12 ミルラ]
[09/11 ミルラ]
プロフィール
HN:
3T
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
あれこれ
相互(あるいは勝手に)リンク
リンクを貼られる方は下の画像をご利用ください。(ダウンロードして使ってください。) リンク用画像大
リンク用画像大
リンク用画像小
リンク用画像小
とりかご
ヘコムモン【blog】
博多 占いの東瞬
占星術思いつきメモ
月夜のダイアリー
仙台のりんねさんのツイッター
幸運整体
アナゴライク
ラプラタ・プラ太
ひふみ123さかき
マッチ売りの刑事
問合せフォーム
Copyright(c) 占星術- SIMPLE AND DIRECT - All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]