忍者ブログ
〓 Admin 〓
ものごとの成り行きについて、誕生日を使わなくても、いつ、どこで何が起こるか、具体的に当てていく方法を実践しています。 殺人事件発生時のホロスコープから被害者の状況や犯人を推定する方法が明らかになりつつあります。
TOP 占断依頼
[512]  [511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503]  [502
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

順不同だが、決定的な出来事
http://pausanias.blog.shinobi.jp/Entry/502/
の前半部分のことである。

人は占いや運命ということを聞いて、
「あっ、じゃあ運命って決まっているのか?」
と考える。まっすぐに、宿命論者になってしまう。
あっというまに神様の視点で物事を見ようとする。

プロセスを忘れているのだ。

本当に「あ、そうかもしれない」と思うのは、たとえばこういうステップを踏むはずだ。つまり、
1. あなたは運命や占いなど信じていない、あるいはまったくそんなことを気にかけてもいない。
2. ところが、誰かよく知った人があなたの運勢を見るとか、よくできた占い師があなたに起こることを予言してそれが当たったというようなことがおこる。
3. これは他人さんがあなたのことを占った場合である。そういうことの結果自分が自分の運命を知ろうとしたとする。
4. そうしてみたら、自分の第7ハウスは乙女で火星があった。まめまめしい、細かいことに気がつく配偶者を求めるが、性急に結婚してしまう傾向があるという結果を得た。27ぐらいのときに刺激するアスペクトができる云々
5. そして言われて振り返ってみれば、なるほどそうだったかもしれない。

ここで、運命についての疑問というのは、そもそも運命を知る手段が実際に存在しているという事実と分けて考えることはできない。
それを知るということが、運命について決定的に重要なことになってくる。
何らかの形でそれを知ることができなければ運命というのは机上の空論なのです。
運命などということは知らないけども、誰かがそんなことを言っている。そういう運命が存在するはずだとか、存在しないはずだ、といっても仕方がない。

そして、その知りうる運命というのは、いわば必ず不完全な形であなたの前に姿を現す。

           ↓ ↓ ↓よかったらクリックしてください ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へにほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへくる天 人気ブログランキング

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
誕生日がなくても近未来の事象を占っています。 彼とうまく行くか。復縁できるか。 落とした財布は見つかるか、どこにあるか。いつ見つかるか。 息子は試験に受かるか。
フリーエリア
花粉症に関するアンケートします。
ランキング参加してます。
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

最新CM
[09/21 ミルラ]
[09/21 ミルラ]
[09/20 ミルラ]
[09/12 ミルラ]
[09/11 ミルラ]
プロフィール
HN:
3T
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
あれこれ
相互(あるいは勝手に)リンク
リンクを貼られる方は下の画像をご利用ください。(ダウンロードして使ってください。) リンク用画像大
リンク用画像大
リンク用画像小
リンク用画像小
とりかご
ヘコムモン【blog】
博多 占いの東瞬
占星術思いつきメモ
月夜のダイアリー
仙台のりんねさんのツイッター
幸運整体
アナゴライク
ラプラタ・プラ太
ひふみ123さかき
マッチ売りの刑事
問合せフォーム
Copyright(c) 占星術- SIMPLE AND DIRECT - All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]