忍者ブログ
〓 Admin 〓
ものごとの成り行きについて、誕生日を使わなくても、いつ、どこで何が起こるか、具体的に当てていく方法を実践しています。 殺人事件発生時のホロスコープから被害者の状況や犯人を推定する方法が明らかになりつつあります。
TOP 占断依頼
[453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログで何度か書きかけて繰り返しにはなるのだが、またメモである。

古典占星術では、たとえばスクエアになったサイン同士の中に惑星があるからアスペクトだとみなすという。
たとえば、牡羊と射手は120度の関係にあるから、それぞれに星が入った時にトラインを形成する。

だが、では古典占星術の専門家がそれでオーブを無視しているかというと、そうではない。
さらに古典占星術には、サインの区切りとしてフェイスだとかタームだとか、12分割ではない細かい分割が存在する。ではその分割方法がアスペクトに影響を与えているのだろうか。

今私は9分割を検証しようとしている。
そのほかにも、一つのサインを3つに分割するデーカンというような分割方法が使われる。いくつかやり方があるようだが、デーカンは日本で言う旬にあたり、よく使われるようだ。

もしこれが九星や四柱推命の占術家であれば、己と癸が出てきた時点で、あるいは八白と一白が出てきた時点で、これは土剋水である、正官である、下痢である、上司の問題であると判断をしていくだろう。別にその土や水が年柱にあろうが月柱にあろうが関係ない。年齢域とか、人間関係の立ち位置は違ったとしても、土と水から出てくる象意というものは、いつでも同じように考えて判断し、かつ具体的なことを当てているはずなのである。

そういう風にアスペクトを考えることはできないものか。たとえば、牡羊12度と獅子の18度にあるのであれば、
普通はトラインだけれども、9分割では蟹と乙女つまりセクスタイルの関係にある。デカンでは獅子と射手にある。
MicroZodiac.gif
こう考えると、10度ずつのデーカンが大事な区分ではあっても、本当にその区切り方、サインの割り振りが正しいのかどうかということになってくる。
そして、最終的にその信憑性は「確かに私のおばさんは水色のワンピースを着ていたわ!」と言えるかどうかだと思うのだ。


              ↓ ↓ ↓よかったらクリックしてください ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へにほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへくる天 人気ブログランキング 
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
誕生日がなくても近未来の事象を占っています。 彼とうまく行くか。復縁できるか。 落とした財布は見つかるか、どこにあるか。いつ見つかるか。 息子は試験に受かるか。
フリーエリア
花粉症に関するアンケートします。
ランキング参加してます。
↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

最新CM
[09/21 ミルラ]
[09/21 ミルラ]
[09/20 ミルラ]
[09/12 ミルラ]
[09/11 ミルラ]
プロフィール
HN:
3T
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
あれこれ
相互(あるいは勝手に)リンク
リンクを貼られる方は下の画像をご利用ください。(ダウンロードして使ってください。) リンク用画像大
リンク用画像大
リンク用画像小
リンク用画像小
とりかご
ヘコムモン【blog】
博多 占いの東瞬
占星術思いつきメモ
月夜のダイアリー
仙台のりんねさんのツイッター
幸運整体
アナゴライク
ラプラタ・プラ太
ひふみ123さかき
マッチ売りの刑事
問合せフォーム
Copyright(c) 占星術- SIMPLE AND DIRECT - All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]